Leoism

人生に疲れた時に読むコラムサイト

人生 恋愛

頑張りすぎてしまう人

2016/08/04

なんでも頑張ってしまうタイプの人は、無意識でパートナーや他人に対しても期待してしまうことがあると思います。「私がこんなに頑張っているんだから、あなたももっと頑張ってほしい」という感じでしょうか。ところが相手はなかなか自分の期待通りに動いてはくれないので、それに対してイライラしたり、がっかりしたりして、無力感でいっぱいになってしまうことも多いのではないでしょうか。

相手は、あなたが望む“頑張り”をすることに、あまり必要性を感じていなかったのかもしれません。あるいは、やってみようとしたけど自分にはできないと思ったのかもしれません。「私はあなたのために○○を頑張っているのだから、あなたも○○をしないといけない」という思いは無意識的に多くの人が持っていることだと思います。でも、反社会的な行為をしているのではない限りは、相手にだって選択の自由はあるという事を、あなたは認めてあげられているでしょうか?自分の頑張りの見返りとしてあなたが当然のように相手に何かを求める行為は、単なる自己満足である場合も多いのです。相手はそれを頑張りたいと特に思っていないのに、期待をかけられて、悩み、そして期待に応えられないから罪悪感を感じ、あなたの元を去って行っただけなのかもしれません。

他人に見返りを求めて何かを頑張る行為というのは、お互いにそれを楽しみながらやっていけるような場合は良いのですが「義務」のように感じられてきた時に、自分と相手それぞれに必ず不満となって現れてきます。求める側は自己犠牲の気持ちになり、求められる側にはいつも責められているような、罪悪感が生まれます。最初のうちはまだお互いに相手を思いやる気持ちを持てていたかもしれません。でも状況がどんどん悪くなっていくとお互いにお互いを思いやる余裕が持てなくなってきます。求める側は自己犠牲の気持ちでいっぱいになり、相手にわかってもらえないこと、相手が期待通りに動いてくれないことに落胆し、悲しさや虚しさが募っていきます。求められる側は罪悪感の気持ちでいっぱいになり、相手が求めることを止めない事に苛立ちを覚え、責められている苦しさから逃げたいと感じ始めます。たとえそれが、本当にあなたに正当性があって相手の怒りは逆ギレのような状態であったとしても、親しい間柄の人間関係においてこれは起こり得ることなのです。

あなたが最初に望んでいたことは、喧嘩したり別れたりすることでしたか?

違いますよね。一緒に上手くやって行きたかったんですよね。そのために自分は良いと思う改善を試み、相手にも期待した。でも相手は自分の思うようには動いてくれなかった。そしてあの人は自分の元を去って行った。自分はたくさん頑張ったのに。辛いですよね。でも、相手もその前の段階で、同じように辛かったのではないでしょうか。あなたに責められて、相手は苦しい時期があったはずです。

頑張りすぎてしまう人、無意識的に他人にも頑張りを期待してしまう人は、そのやり方が上手くいかなった場合に大きく落胆してしまうと思います。でも、あなたはあなたが落胆させられた相手に対して、初めの段階から多くのことを望んでいたでしょうか?おそらく、違うと思います。例えばそれが恋人だった場合、最初は相手からLINEにメッセージが届いたり、携帯に着信が入るだけで嬉しかったのではないでしょうか。一緒に会えるだけで楽しく幸せだったのではないでしょうか。それが、だんだん時が経ち、相手の不満が見え始め、改善してほしいと相手への期待が勝手に膨らんでいき、結果それに答えてくれなかったから落胆してしまった。でもそんな相手を選んだのは、自分ですよね。頑張り屋さんタイプで、相手にも同じような頑張りを求めてしまう人はいつもこのパターンにはまっていないかどうか、考えてみてください。そういう考えでいると、どんな相手を選んでも相手が必ず自分の期待通りに動くなんていうことはないですから、いつかは必ず相手の行動に落胆することになってしまうと思いませんか。頑張っても頑張ってもいつかは辛くなってしまいますよね。

では、どうすれば良かったのでしょうか。

まずは、自分と他人への過度な期待を手放すことではないでしょうか。相手が相手のままでいることを好きになれないのであれば、その相手は選ぶ相手としてふさわしい相手ではなかったのかもしれません。この部分を変えてくれたら、好き。という感情があると、嫌いな部分がだんだん目について相手のことを許せなくなっていきます。自分が犠牲になっている、と感じ始めたら、それはその頑張りをやめたほうがいい、というサインなのかもしれません。相手が期待に答えていてくれるうちは良いのですが、そうでなくなった時に、その無意識的な自己犠牲の感情は怒りという形になって現れてくるのではないでしょうか。相手にもそれは伝わります。そして相手は罪悪感を覚えます。そして、期待をかけられていることそのものが、そして思うように期待に応えられないことが苦しくなってくるのです。

頑張らなければ幸せになれないのでしょうか。いいえ、特に何かを頑張らなくたって幸せを感じている人はたくさんいます。自分を犠牲にして何かを頑張らなければ幸せになれないということではないのです。自分を犠牲にして傷ついて、そこで得られる幸せって、何でしょう?本当に幸せなら、それは自己犠牲とは思わず、自分がやりたいからやっている事なんだと思います。この場合は良いのです。でも、何かをする事を自己犠牲と感じ始めたら、その後どうなっていくでしょうか。きっと辛くなっていきますよね。そうならないために、自分や他人への期待を手放す事から始めると良いのではないでしょうか。自分も相手も常に頑張っていないと幸せになれない幸せは、長続きはしないですよね。ずっと頑張り続けないといけないのはしんどいですから。頑張り合うことで高め合ってうまくいっている関係性なら良いのですが、そうでないなら、自分も相手もそのままで幸せだと思える相手を探すべきなのです。すでに相手がいる場合は、その相手が持っているものを全部取りのそいても、まだ自分が相手のことが好きでいられるかどうか、と考えてみると良いのではないでしょうか。

頑張らなくても幸せになることはできる、頑張らなくても愛されるという自信が持てるようになると他人のことも認めやすくなり、相手との関係性もよくなっていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-人生, 恋愛
-, , ,